痴呆・認知症の原因

痴呆症・認知症の原因は様々あります。

・アルツハイマー病
脳の神経細胞が何らかの原因により死滅して脳が萎縮して、脳の認知ができなくなる病気です。アルツハイマー型の認知症の進行は少しづつ進みます。

・脳血管障害
脳内の血管が詰まったり、流れが悪くなったり損傷することにより起こる病気です。脳に血液がいかず脳細胞の一部が死滅しておこります。

・びまん性レビー
脳の特定の神経内になんらかの変化レビーが現れる病気です。

・前頭側頭葉変性症・ビック病
頭のおでこの部分の前頭葉、側頭葉の萎縮が起こります。

-----------------------------------------------------------
痴呆・認知症治療をお考えの方へ耳よりな情報です→無添加100%ムクナ豆のたっぷく本舗
-------------------------------------------------------------

痴呆・認知症の予防

一般的な痴呆、認知症の場合はゆっくり進行していきます。この症状の初期段階で適切な対処をすることで進行を遅らせたり、症状を緩和できるようになります。また、おかしいと思ったら早めに医師に相談してください。

痴呆・認知症の予防策
・バランスの良い食事
塩からいものや、砂糖の多いものなど、極端に味の濃い食べ物は控えてください。脳を活性化させてくれる成分は魚に含まれるDHAやEPAを多く含む、秋刀魚、サバ、イワシなどの青魚を多くとると良いでしょう。

・軽い運動
昼間は太陽の光を浴びて、ウォーキング、散歩などを行うのが効果的です。散歩の途中で季節を感じられたり、道端に咲いている花などに興味を持つことで楽しくなります。脳にいろんな刺激を与えることが良い刺激になります。

・趣味を持つ
脳を動かすには手先を動かすと脳が活性化します。パソコンや楽器、絵をかくなどの手先を使った趣味は有効です。また、趣味仲間を持って談笑したりするのも効果的です。

・お酒・タバコは適度に
完全に止めるとそれがストレスになる場合があるので、適度にしましょう。科学的にもタバコ飲みすぎ、お酒の飲みすぎにはアルツハイマー病になる確率が高くなることが知られています。

・特に頭部外傷に気をつける
脳に損傷を受けることで痴呆が始まる場合があります。この場合の予防策としては、2階の階段の上り下りには気をつける。道の段差に気をつける。夜のウォーキングは目立つ服装で。などなど日常生活で怪我をすることを予防するのが大切です。

・暴飲暴食をしない
適度な量の食事、健康に気を遣った食事をしましょう。

・睡眠をしっかりとる
よく食べて、よく運動をして、よく寝るのが鉄則です。

・明るく楽しく、くよくよせずにストレス発散
あまり細かいことをいつまでもくよくよ考えずに、スポーツやストレスなどでストレス発散をしましょう。友人とおしゃべりすることだけでもストレス発散になります。
-----------------------------------------------------------
痴呆・認知症治療をお考えの方へ耳よりな情報です→無添加100%ムクナ豆のたっぷく本舗
-------------------------------------------------------------