痴呆・認知症治療をお考えの方へ耳よりな情報です→無添加100%ムクナ豆のたっぷく本舗

痴呆・認知症の基礎知識 管理人よりご挨拶

痴呆症・認知症の日本の患者数は約240万人と言われています。約6人に1人が痴呆症・認知症になる可能性があるのです。痴呆と認知症はどこが違うのですか?と聞かれますが、元々は痴呆と言う名称が2004年の厚生労働省により認知症と名称を改められました。ですので、現在では痴呆症の事を認知症というのが正しい使い方になっています。認知症とは後天的に脳のなんらかの障害により正常に動いていた脳機能の知能が低下した状態の事をいいます。医学的見地からは「記憶」を含む認知の障害や「人格変化」を伴った症候群として定義されます。年齢を重ねることによるもの覚えが悪くなるボケの現象は、認知症とは呼ばず、あくまでも病的に脳の機能が低下した場合のみを認知症としています。事故などにより頭部を怪我したことによる知能の低下に関しては高次脳機能障害と呼ばれます。

-----------------------------------------------------------
痴呆・認知症治療をお考えの方へ耳よりな情報です→無添加100%ムクナ豆のたっぷく本舗
-------------------------------------------------------------
痴呆・認知症の年間発生率。日本の高齢者の中で65歳以上での発症率は約3~9%程度と言われています。これは調査方法などによってもたいへん数字にバラつきがあり、正確とは呼べません。また65歳以上では1~2%と言われていますが、75歳過ぎから急に多くなり、80歳以上では10%近くになるとの報告もされています。いずれにしても年齢が上になるほど発症率は高まると言えるでしょう。また、親が認知症の場合はその子孫が将来的に発症する確率は高まるという研究結果があります。特に親が早期発症のアルツハイマーを発症した倍はかなりの確率(20倍)で発症するとも言われています。

痴呆・認知症の症状

痴呆・認知症の主な症状は記憶障害と見当認識障害です。時間や場所、人の顔を覚えられなくなります。自分の息子をヘルパーさんと勘違いしたり、仲の良い友達と勘違いをしたりします。それから、認知機能障害です。これは判断が自分でできない、失語、失認、計算力の低下などがあります。これらは全て神経細胞の障害による症状で認知症患者のほとんどに見られます。病気の進行とともに重度になっていきます。


痴呆・認知症の周辺症状

全ての認知症患者に症状が出るのではありませんが、行動・心理障害が現れる場合があります。これをBPSDといいます。症状としては妄想、幻覚を見る、妄想、睡眠障害、抑うつ、暴言、暴力、破壊行動などがあります。このBPSDは少しづつ進行していくのではなく、突然ひどくなる場合があります。このような行動がひどくなった場合は向精神薬を用いられる場合が多いです。このような行動の根底には心理的な不安が引き起こしている場合が多く、その不安をケアにより理解して取り除いてあげることが大切になってきます。

痴呆・認知症の検査

痴呆・認知症の検査には神経心理学的検査が使われます。記憶の検査をするにはウェクラー記憶検査法や日本ではリバーミード行動記憶が標準とされています。認知症の評価は何段階かに分かれていますので、質問形式で本人と会話をしたりなどの方法や行動を観察することにより検査されます。

痴呆・認知症の治療方法

認知症の改善薬としては、アセチルコリンエステラーゼ阻害薬、ドネペジルが現段階では最も期待できる薬として期待されています。他に、ガランタミン、リバスチグミン、メマンチンなどが服用される場合があります。認知症患者に多くみられる不眠、幻覚、抑うつ、妄想などの症状には、睡眠薬、抗うつ薬、抗精神病薬、抗てんかん剤などが有効な場合があります。薬以外では、日中に軽い散歩をさせるなどの光療法、昔の思い出の写真などを側に置き安心させる回想法やテレビ回想法などがあります。認知症と思ったら周りにいる人間が専門医に相談をして、介護ケアの専門家に相談すると良いでしょう。

-----------------------------------------------------------
痴呆・認知症治療をお考えの方へ耳よりな情報です→無添加100%ムクナ豆のたっぷく本舗
-------------------------------------------------------------